大型の流木が入荷しました。



皆さんこんにちは。


相変わらず寒い日が続いていますが、どうお過ごしですか?

日本海側に住んでいる方に比べれば、まだましなのかもしれませんが、寒いのは寒い・・・・・・。

昔はこんなに寒がりじゃなかったんですけどね、これもやっぱり歳のせいかなぁ・・・。

まあ、とにかく体調管理だけは怠らず、この冬を元気に乗り切りたいですね。


それでは、生まれたての小鹿のように、寒さに足をガクガク震えさせながら、

生体に引き続き年末に入荷した大型プレミアムマングローブ系流木のご紹介。


硬質で重量感ある流木達が入荷しました。

マットサイズですが、60×45です。

このマットのサイズと比較すれば大きさも一目瞭然ですね。

この流木が一番でかい、いや長い流木で、約130㎝くらいあるんじゃないですかね。

水面からハングさせるとして、最低でも90㎝クラスの水槽じゃないと厳しいですね。



今回の流木は全部自分がチョイスした流木なので、

かなり良い感じの物が来ていると思います。

まあ、こればっかしは好みがありますけどね(笑)


物としては、先の部分が鋭角の物が多く、構図素材として使いやすい

ものをチョイスしてます。

もちろん質感も似た感じの物をチョイスしてます。

これなんか三又になっていて、三角構図なんかに向いていますね。

スマトラウッドのエレファントと比べると、ゴツッとした感じですが、

そのぶん重量があるので、水に沈みやすくなおかつ腐敗に強いので、

長期に渡り構図素材として活躍してくれますよ。

ただ残念ながら、値段は結構しますよ(笑)


値段は安くはありませんが、

正直ここまで大きい素材ってなかなか手に入らないと思いますよ。

アーチ型の流木

複数の流木と組み合わせてみるのも良いと思います。


こちらもロングタイプの流木です。

最初の流木などと合わせると結構格好が良い構図が組めるのではないでしょうか。

180㎝水槽で丁度良いくらいかもですね。

先が鋭角で格好が良いです。

極太の流木

最近のレイコンの傾向として、大きな流木が使われていますからね、

大型水槽をお持ちの方は是非どうぞ。

超極太流木


かなりしっかりとしています。

やっぱり120㎝くらいは欲しいところですかね。

まあ、テラリウムの素材と考えたら、6045とかでもありかもですね。




切り株状流木


これはかなり格好が良い流木だと思います。

昨年のグランプリ作品の流木みたいな感じです。

大きさも申し分なく、今回一番気に入っている流木ですね。

ここまで形が良い切り株流木だと値段も張りますが(笑)


素材は好き好みがありますからね、売れなきゃ売れないで次の120pのレイアウトで

使うのみです。

正直120pのためにチョイスしたものですからね(笑)

イメージが膨らみます。

切り株状流木


この流木もお気に入りの流木で、

スタンプウッドみたく、割れ目の部分にはソイルが入る穴が空いているので

ニューラージ・パールグラスなんか植栽してみても面白いかもです。

前の流木と合わせてみても良いかもですね。

簡単に合わせてみました。

結構いい感じですよね。

これぞプレミアム流木。

こちらは、やや小さめの流木達。

と言っても、60㎝くらいないと入らないかもです。


今まで紹介してきた流木が、大きすぎて感覚が麻痺していますが、

この流木たちも、普通に入荷してくる流木と比べたら、

かなり大きい流木と言えるのではないでしょうかね?


水草レイアウト水槽の構図素材としてはもちろん、大型魚飼育水槽のオブジェや

爬虫類の隠れ家の素材としてもお勧めですよ。


大きな素材を探している方は、ぜひLittle interior aquarium まで。

ご来店お待ちしております。


新年は1月8日(土)12時OPENです。

新春セールも行いますので、お楽しみに!!



















閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン