120cm水槽レイアウト制作


イヤー、天気はいいですが寒いですね。

先週は暖かったのに、またこの寒さじゃ正直体かついていかないですね。

早く暖かくなって欲しいもんですね。


さて、そんな気温が不安定な中、120㎝水槽のレイアウトを制作したので

ご紹介致します。

前回の水槽は、エンゼルフィッシュのためのWILD系水槽でしたが、

今回は華やかな水景にしたいと思います。


構図素材はADA雲山石を使用します。

所々穴が空いていて、侘び草や他の水草など植栽できます。

まあ自分の場合、穴とかよりも形と大きさで選んだって感じですかね(笑)


万天石や龍王石に比べ、形の良い物+高さ・大きさが安定しているので、

初心者の方でも組みやすいのが嬉しいですね。


一個置くだけでも結構様になります。

そんな使いやすい雲山石をベースに、組んで行きたいと思います。


まずは、適当に配置します。

座りが良いので、ソイルなど敷かなくても仮組できます。

水槽に完全にマッチする岩なんて、

特に120㎝クラスともなると、そうそう手に入るものではないですからね。


高さがないなら、ここはガサ増しとしてウレタンで凌ぎましょう。

流木では比重が軽いのでチョット難しいですが、

何といっても岩ですからね、浮く事はありません。


大体の配置が決まったら、微調整して行きます。


しかし、お店の構造上しょうがないんでしょうけど、

岩を使った右重心のレイアウトは正直やりにくいですね。


ADAの岩組レイアウトも、殆どが左重心ですからね、

左に心臓があるぶん、感覚的に左重心になってしまうんでしょうね。


雲山石の後ろ側にはソイルを入れるので、ソイルの流出を防ぐため大きめの

溶岩石を配置します。


溶岩石は用途が広いので、色々なサイズをストックして置くと

レイアウトを組む際とっても重宝しますよ。

色々なサイズの溶岩を使い、肉付けして行きます。


真っ黒。

ここまで溶岩石を詰め込めば、ソイルの流出も防げると思います・・・・たぶん。


盛り土スコップで慎重にソイルを流し込みます。

ソイルを流し込む際、チョットでもソイルの漏れがあったら、

小さい溶岩石等で穴を塞ぎましょう。

なので、ソイルを流し込む際は少しづつですよ。

前景には化粧砂を敷きます。

真っ黒の景色から、一気に明るい景色+遠近感も演出。

化粧砂の効果は絶大ですね。

注水作業に取り掛かります。

この際、園芸用のシャワーノズルがあると便利です。

敷き分けスタイルの場合、普通に注水するとソイルが浮いてしまい

せっかく綺麗に敷き分けたのにソイルがその上にアララ・・・・

なんてことになりますからね。

シャワーでまんべんなく注水していけば最悪のシナリオを回避できますよ。


ある程度湿らしたら、ウィーピング・モスを巻き付けた溶岩石をランダムに配置します。


お次は、雲山石の穴にニューラージ・パールグラス、オーストラリアン・クローバー

を植栽します。

ソイルが浮かない事を確認できたので、一気に注水します。


注水が完了したら、後景草の植栽ですね。


使用する水草は、セイロン・ロタラ、ロタラ・マグランドラグリーン、

ロタラSp・オレンジジュース、パールグラス、ロタラSp・Hra、ロタラ・ナンセアン、

ラージ・パールグラス、ロタラSp・BSDです。

植栽完了。