30cmお持ち帰り水槽制作



皆さんこんにちは。


いや~今日は涼しいですね。

先週灼熱の日が続いたからでしょうか?

体が慣れたからか、今日の気温30℃なんてたいした事ないですね。

このまま30℃くらいで8月も収まってくれればいいんですけどね・・・・。


でも、来週あたりからまた灼熱地獄が始まるかもしれないとか・・・・・。

まあ、皆さんも熱中症には気をつけましょう。

ちなみに自分は仕事中でもビールで分補給しています。


それでは、酔っ払いながら30㎝レイアウト水槽のご紹介。



今回称する水槽は、GEXグラステリア300 (w)300×(D)200×(H)250。

ライトは水作ライトUP300を使用します。

フィルターは、いつもならテトラAT-30と言いたいところですが、今回はニッソーの

マスターパルプラススキマー300を使用します。

普通の外掛け式フィルターに比べやや値は張りますが、スキマー機能を搭載しているので、

外掛けフィルターで発生しやすい油膜を、簡単に取除くことが出来ます。

中間のフロートが水位に合わせて上下し、油膜やゴミなどを取り除きます。

ポンプがBOX内に収納されているため、ろ材を入れるスペースはAT系にくらべ

やや小さめですが、ブラックホールミニや小型のリングろ材等は入れられので、

小型水槽のろ過機として十分役に立ってくれると思います。

まあとにかく、あの見た目の悪い油膜がなくなるのはかなりいいですね。

低床は、ADAアマゾニアⅡを使用します。

付属のサプリを均等に撒きます。

サプリの上にソイルを敷きます。

構図素材ですが、スマトラウッドを使用します。

今回は凸型構図でレイアウトしようと思っているので、まず重心となる流木を配置します。


左重心なので、右側はやや小さめの流木を配置します。

流木だけでは少し野暮ったいので、青龍石系の石をランダムで配置します。


スマトラウッドは枝ぶりがよく使いやすいですが、やや沈むのに時間がかかるので

接着剤を使用して、配置した石と接合します。

そして構図の完成。

お次は植栽。



水草は、オーストラリアクローバー、ツーテンプル、ポゴステモンエレクタス、

ロタラSP・レリッシュ、スキストマグロッティス・プレコトイを使用します。


凸型構図の場合、直立タイプの水草の方が維持すいので、

今回はこれらの水草をチョイスしました。



水草を植栽して行きます。

完成。

初心者の方でも維持しやすいよに、とてもシンプルなレイアウトになっています。


こちらの水槽ですが、丸ごと一式(槽、ライト、CO2機器、素材、水草、生体*保障無)

お持ち帰り販売を行っております。

初心者の方にお勧めのセットです。

気になる方はLittle interior aquariumまで。


ご来店お待ちしております。



Little interior aquariumでは、レイアウト水槽の制作はもちろん、

水槽の定期メンテナンスも行っております。

お見積りは無料、お気軽にご相談ください。























閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン