30cm水槽レイアウト制作


皆さんこんにちは。


相変わらずスッキリとしない天気が続いていますが、

皆さまどうお過ごしですか?

雨も降ったり、降らなかったりでやになってしまいますね。


さて、そんなスッキリしない天気の中、

30cm水槽のレイアウトを制作したのでご紹介。


前回は黄虎石を使ったレイアウトだったので、

今回は流木を使ったレイアウトにしようと思います。

使用する水槽は水作リーヴァ300です。

クリアガラス仕様で、サイズは(W)30×(D)18×(H)27

のハイタイプ水槽です。


フィルターはテトラAT-30、ライトは水作ライトアップ300を使用します。

構図素材はスマトラウッドを使います。


スマトラウッドはスマトラウッドですが、以前レイアウトで使用していた中古スマトラウッドLサイズを使います。


レイアウトで長期で使用していると、格好が良い枝の部分なんかは

腐食して折れてしまいますからね・・・・・・。


折れたら使わないって訳にはいかないでしょ。


無駄な素材なんてものはありません(笑)

Lサイズですが、折れて小さくなったぶん、

今回使用する水槽にピッタリそうです。


枝が折れていても、さすがスマトラウッドってところでしょうか、

鋭角な枝先が良い感じです。

色々と向きを変えて、格好が良くなる位置を決めます。

素材の位置が決定したら、ソイルを敷きます。

仕様するソイルはADAアマゾニアⅡです。


構図ですが、左重心の三角構図にするので、

左側に盛り土を施し、左~右側に傾斜をつけるようにソイルを敷きます。

スマトラウッドを配置します。

水槽が小さいので、構図は複雑にせずスマトラウッド一本。


スマトラウッドは浮力が強いので、アクア用の接着剤を使い小石で固定します。

シンプルな構図の完成。

お次は植栽。

水草ですが、

ロタラ・ナンセアン、ロタラSP・レリッシュ、グリーン・ロタラ、

ロタラSp・ワイナード、パールグラス、ウォーター・ローン

ニューラージ・パールグラスを植栽します。


ウォーター・ローンですが、根張りが浅く長期維持が中々難しいので、

少しでも長く維持出来るように、ニューラージ・パールグラスと

混栽させてみたいと思います。

ADAではグロッソスティグマを使っていますが、自分の場合は

ニューラージ・パールグラスでやってみます。

水を張り植栽します。

セット初期のコケの発生を抑えるために、一区画に15~20本程度植栽しています。

前景にウォーター・ローンとニューラージ・パールグラスを植栽します。

レイアウトの完成。


こちらの水槽、展示兼販売も行っています。

まだ水草が育っていないので、スカスカですが一カ月後にはボリューミーな

水景になると思いますよ。

今後をご期待ください。


Little interior aquariumでは

水草レイアウト水槽の制作はもちろん、

定期メンテナンスも行っております。

興味のある方はお気軽にご相談下さい。

*お見積りは無料


ご来店お待ちしております。


お知らせ

9月20日(月)敬老の日 12時 OPEN~ 20時 CLOSE

9月23日(木)秋分の日 12時 OPEN~ 20時 CLOSE

と営業時間が変更となります。



















58回の閲覧0件のコメント