top of page

30㎝水槽レイアウト制作


皆さんこんにちは。


いや~、もう12月ですね。師走ですよ。

毎年この時期に思うのですが、一年あっという間だなぁ~と・・・・。

ここ2~3年コロナやら、戦争やらで世界の状況が悪い方に向かい気味ではありますが、

来年こそはコロナも戦争もない、皆が笑顔でいられる良い年になればいいですね。


それでは、


たぶん今年最後のレイアウト制作のご紹介。


(W)30×(D)20×(H)25の水槽を使用します。

水量約13Lとコンパクトな水槽で、置き場所にあまり困らないのが嬉しいですね。

ワンルームのアパートに設置するのに、丁度良いサイズの水槽だと思います。


低床はADAアマゾニアを使用します。

セット初期は白濁りなどが起こりやすいですが、そのぶん栄養分が豊富なので

水草育成に最適ですよ。

素材は青龍石系の石を使用します。

PH・硬度共に上がりやすい石ですが、形の良い物が多いので、

初めて岩組レイアウトにチャレンジされる方は、この青龍石の石で

組んでみるのがオススメです。


まずは、親となる石の配置から始めます。

どうしても斜めの位置だと親石が安定しないので、

溶岩石や青龍石等で上手く枕を作り固定します。

副石も同じ様に角度を付けて枕で固定します。

真っすぐに立てればある程度安定はするでしょうが、緊張感がなくなりますからね。

この斜めに配置する不安定さが、良い緊張感を生み左から右へと流れを作ります。


後は、バランスを見て添石を配置して構図の完成。


使用する水草は、

グロッソス・ティグマ

ショート・ヘアーグラス

ロング・ヘアーグラス

リシア

とシンプルな構成で行きます。


リシアは溶岩石に巻き付け石と石の際の部分に配置します。

お次はグロッソス・ティグマを植栽します。


より自然感を出すため、石と石の際にショート・ヘアーグラスを植栽し、

親石の背景には、ロング・ヘアーグラスを植栽します。


完成です。

現状は親石にかなり力がありますが、ロングヘアーグラスが成長してくれば

親石の力も弱まり、全体的にバランスが取れるかと思います。



こちらの水槽ですが、販売も行っております。

あと一カ月もすればそれなりに観賞できる状態になると思いますますので、

完成品が欲しい方は是非どうぞ。


Lilttle interior aquariumでは、水草レイアウト制作はもちろん、

水槽の定期メンテナンス作業等も行っております。

自分では管理が・・・・・・

こんなレイアウト水槽がお店にあったらなど・・・

御座いましたら、お気軽にご相談ください。

お見積りは無料です。
















閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
bottom of page