top of page

45cmレイアウト水槽制作


皆さんこんにちは。


蒸し蒸しする日が続いていますが、皆様どうお過ごしでしょうか。

雨も降ったり降らなかったりとハッキリしないですが、

先日みたいな大雨になるよりはまだマシですからね。

あ~早く梅雨が明けて、カラッとした天気の中ビールでもグビッと

行きたいですな。


さてそんなジメジメしている中、

お客様から水草レイアウト水槽の制作依頼を受けたので、

その水槽を紹介したいと思います。





水槽はADAキューブガーデン45Pです。

以前当店で購入してもらった水槽で、今回は特別に水槽持ち込みでの制作となります。


通常は持ち込みでの制作は行っていませんが、レイアウト水槽をリセットして

場所が空いた事と、なかなか綺麗な水槽を維持できないとよく相談を受けていたので、

せっかくならステップアップして、少し本格的な水草レイアウト水槽でもやりましょうか

みたいな流れになりました。


で、一からお客様が造るとなると、セット初期の濁りや換水などで、失敗する可能性があったので、今回はお店で制作してほぼ出来上がった状態で、水槽を持って行ってもらう事に。


装備は元々使用していたエーハイム2213、水作ライトUP400を使います。

ただライトUP400一灯だと照度が低いので、もう一灯増設しました。


エーハイムのパイプだと緑色で格好が悪いので、テトラのエックスパワーフィルター用の

パーツを使いたいと思います。本当は当店オリジナルのステンパイプを使うのがベストですが、予算の件もありますからね、今回はこのテトラのパイプで行きましょう。

このテトラのパイプはブラック仕様なので、エーハイムの緑のパイプよりもスタイリッシュに決まります。

ややストレーナーが大きいのが難点ですが、緑パイプよりはね。

なるべく油膜が張らないように、排水口が水面に近い位置に来るように加工しました。

スッキリとした配管になり良い感じですね。

使用する低床はADAアマゾニア。

セット初期は、Ⅱに比べ濁りや黄ばみなどが出やすく、扱いにくい感じがありますが、

そのぶん栄養が豊富なので、長期で水槽を維持したい場合はこのソイルがオススメですね。

基本通り後ろは厚めに敷きます。

レイアウト素材は雲山石を使います。

今回、依頼主は初めてCO2を添加する水槽を管理するので、

出来るかぎりシンプルな構図で組み、依頼主が管理しやすいようにします。

雲山石は形が良いので、構図を組むのに重宝しますね。

まずは仮組して行きます。


雲山石を三つ使い構図を組みます。

微調整を行い構図の完成。

水草も超シンプル。


グロッソスティグマとウォターフェザーの2種のみです。


まずは緑の絨毯から始める!ですかね。


やっぱり初めてやる方は、緑の絨毯や草原に憧れるものですからね。

後景草がなくても、緑の絨毯になっていればまずはOK。

トリミングもグロッソスティグマと、たまにウォターフェザーを

切るだけで良いので管理が楽ちんです。


グロッソスティグマを植栽します。

ウォーターフェザーを適当な場所に配置します。


シンプルな水草構成なので、一カ月くらいでお客様に引き渡す事が出来ると思います。


レイアウトの完成。

管理に慣れてきたら、後景のグロッソスティグマを抜いて、

有茎草を植栽してみても良いかもしれませんね。

凸、凹型どちらにも対応できると思います。


まずは一カ月しっかりと管理して、喜んでもらえる水槽に仕上げたいと思います。

集中換水始め!!




Lilttle innterior aquariumでは、水草レイアウト制作はもちろん

定期水槽メンテナンス等も行っております。

お見積りは無料です。

お気軽にご相談下さい。



















閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
bottom of page