45cm水槽レイアウト制作


皆さんこんにちは。


いやー、最近雨が続いていますね。

気温もグッと下がり、外に出歩くには半袖ではチョット肌寒ぃ・・。

35℃から一気に23、4℃まで下がりましたからね、

正直体が付いて行きません。


で、来週からまた30℃そて・・・・・・、マジですか。


さて、そんな気温差に体がやられている中、45cm水槽のレイアウト制作

を行ったのでご紹介。

(w)45×(D)30×(H)30の水槽を使用します。

前回は、洞窟系ジオラマ風レイアウトだったので、

今回はダッチ系のレイアウトにしようと思います。

使用するソイルはプラチナソイル・ブラウンパウダーです。

いつもなら黒タイプなんですが、丁度お店に一つ在庫があったので使います。

黒とは性質が少し異なるようで、

水を入れた状態で黒と比べるとブラウンの方がややPHが

高めのようです。

まあ、この辺はロットにより差があると思いますけどね。

8ℓ全て使用します。


黒と違って暖色系なので、水槽内が明るくなっていいですね。

見せる土としても使えそうです。

お店の売れ残り流木。

と言っても、ある意味価値ある流木オールドブラックウッドです。

黒味を帯びたゴツッとした感じの流木です。

棒状の物が多く、レイアウトの構図素材として使うのが中々難しいんですよね。

今回はこの2本を使います。

形はあまり良くないですが、流木の色味は良いので、

今回のレイアウトにマッチするんじゃないかなと思います。

あっ、あと直ぐに水に沈みますよ。

右側に核となる流木を配置します。

2本しかないので簡単に組めます(笑)

もう一本は前景草との間仕切りとするので、寝かせて土に埋めます。

誰でも出来る超簡単な構図完成。

注水します。

注水完了。

今回使用する水草。


ポゴステモン・エレクタス、ヘテランテラ・ゾフフォリア、

アルテルナンテラ・レインキー斑入り、アルテルナンテラ・リラキナ、

ウォーター・バコパ、アマゾンチドメグサ、ニューラージリーフ・ハイグロ

ギニアン・ハイグロ、レッドカボンバ、ロベリア・カージナリス

スキストマグロッティス・プリエトイ、へランチウム・テネルス


葉っぱの大きい、育成が簡単な水草がメインです。


簡単な制作図を作って置くと、水草の本数の目途が立って便利ですよ。

だいたい大きい区画には15本程度植栽、小さい区画で7~8本の植栽と

いった感じになりますね。



早速植栽に入ります。

左側からヘテランテラを植栽します。

この時も高さを調整しながら、階段状になるように植栽します。

制作図通りにどんどん植栽します。


葉っぱの形が異なる水草を並べる事で、水景にメリハリが出て、

完成した時見栄えします。

前景にへランチウム・テネルスを植栽します。

レイアウトの完成。

初心者向きの水槽で、とてもいい感じですね。

水草が育ってくれば、結構綺麗な水槽になると思いますよ。


管理としては、差し戻しメインで維持しようと思っています。


正直、再度の植栽は面倒ですが、頂芽をカットしないぶん

乱れが少い水景を継続できるので、

お店の入り口に設置している水槽としては最適。


魚はカージナルテトラをメインに南米の魚で構成する予定です。


Little interior aquariumでは

水草レイアウト水槽の制作はもちろん、

定期メンテナンスも行っております。

興味のある方はお気軽にご相談下さい。

*お見積りは無料


ご来店お待ちしております。