45㎝水槽レイアウト制作


皆さんこんにちは。


今日はカラッとした良い天気でいいですね。

ひさしぶりの晴れで気分もよくなります。


さて、今日10月23日でLilttle innterior aquariumは開店4周年を迎える事ができました。これも来店してくださるお客様のおかげです。


日々変わる社会情勢の中、どれだけお店を続けられるかわかりませんが、

出来るかぎり頑張って続けて行きたいと思っていますので、

今後とも変わらぬお引き立てを賜りますようお願い致します。


それでは、開店4周年、一発めのレイアウト水槽は45㎝水槽です。


(W)45×(D)30×(H)30の水槽を使用します。

ADAの水槽よりも3㎝奥行きがあるので、正直こっちの水槽の方が使いやすいですね。

で、前回は日淡水槽だったので、今回は熱帯魚をメインとした水槽にしたいと思います。


使用する素材ですが、スマトラウッドを使います。

スマトラウッドと言っても枝ぶりの良い物ではなく、折れて使えそうにない

B級の物を使います。

今回は敷き分けスタイルのレイアトなので、土嚢として溶岩石を使用します。


ブセやシダ系の水草はもちろん、コケも活着させることが出来できます。

とても使い勝手の良い石なので、レイアウト創りには欠かせません。

今回は樹海っぽいレイアウトにしょうと思っているので、凹構図で組みたいと思います。

2つの道を造るため、中央にも流木を配置します。


朽ち果てた流木をイメージして、あえて折れが酷い流木を配置しました。

ソイルと砂を敷き分けるため、溶岩石を配置します。

人によりけりですが、自分の場合は土嚢が出来上がったと思ったら、

先にソイルを入れてしまいます。

この時点で、漏れがあるようなら小さい溶岩石やウールマットなどで穴を塞ぎます。

ソイルの漏れがないのを確認したら、コロラド&ラプラタMIXサンドを敷きます。


このMIXサンド、コロラドサンドがラプラタサンドの白みを良い感じに抑え、ラプラタサンドの程よい白みを残しつつ、なおかつ汚れが目立ちにくくなります。

後方にも流木を配置していきます。

後方の流木を見るとわかりますが、単体では使えない流木達です(笑)

ただ、今回のレイアウトには最適な流木といえますね。

棒状の流木ですが、前回のレイアウトで使用した、

ウオーター・アクアリースLサイズを再利用します。

Sサイズ、Mサイズよりも太いぶん、腐敗に強く長期で使用できます。

前回は真っ直ぐ仕様だったので、スマトラウッドと違和感がないように手で軽く曲げて

配置します。

樹木の根っこを再現するため、折れたスマトラウッドの枝部分を接着して行きます。

さらに樹海っぽくするために、ウォーターアクア・ースS、Mを使い肉付けします。

全体に肉付けして構図の完成。

お次は植栽。

水草は、グロッソス・ティグマ、ヘアーグラス、ウィーピングモス、

ウォーターフェザーを使用します。

ソイル部分にヘアーグラス&グロッソ・ティグマを植栽します。

今回のレイアウトの場合、グロッソの絨毯よりも逆に縦伸びしてもらいたいですね。

イメージとしては、樹木の下に生える雑草的な感じになって欲しいなと・・・・・。

際の部分に、ウォーターフェザーを巻き付けた溶岩石を配置します。

樹木の葉っぱを表現するため、枝部分にウィーピング・モスを張り付けていきます。

枝部分にウィーピング・モスを張り付ける事で、

なんとなくですが樹木っぽくなったかな・・。

まあ、モスが成長すればもっと樹木っぽくなると言う事で。

後は注水して完了。

有茎草が入った華やかなレイアウトではありませが、

そのぶんトリミングなどをあまり必要としないので、

レイアウトの崩れがなく管理が楽です。


楽な水槽がお店に一つはないとね。


今後が楽しみです。



Lilttle innterior aquariumではレイアウト制作はもちろん。

定期水槽メンテナンスも行っております。


お店や事務所などに、水草レイアウト水槽を設置したいや、

こんなレイアウト水槽が欲しいなど、お気軽にご相談下さい。

*お見積りは無料です。












閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン