top of page

60㎝岩組レイアウト制作


皆さんこんにちは。


いやー先日の雪は凄かったですね。

何処がじゃ!!


雪国育ちの自分にとっては屁でもありませんでしたね。

自分は大丈夫でも他が付いてこない・・・。

電車、バス、交通機関が脆すぎますね。

なんでこれくらいの雪で運休なのって感じです。

もう少し雪国の交通機関を見習って頑張って頂きたいものですね。


さて、そんな大雪の雪もだいぶ溶けた中、

レイアウト水槽を立ち上げたのでご紹介。





レイアウトする水槽はADAキューブガーデン60です。

今回はお店の展示用ではなく、お客様からレイアウトの依頼を受けたので

お客様の好みに合わせた水槽を創りたいと思います。


テレパシーで意思疎通が出来る訳ではないので、まずはお客様の好みのレイアウトの

データ画像を送ってもらい、いつも通り構図から組みたいと思います。



使用する低床は、JUNのプラチナソイルパウダーです。

アマゾニアに比べ栄養面では劣りますが、そのぶん吸着効果が高く、

セット初期の水の濁りを軽減してくれますよ。

栄養が少ないぶんは、ADAのパワーサンドで補います。

すでにバクタ―100とクリアスーパーが配合されているのも嬉しいですね。




パワーサンド2リットルを敷きます。

敷く際は水槽側面から1cm程度離して敷くのがポイントです。



パワーサンドがガラス側面に接した状態だと、ガラス面とソイルの隙間から栄養性分が

過剰に漏れだしコケの発生につながるので、ここは気を付けましょう。

あと特に正面にパワーサンドの粒が見えると見た目的にも良くないですからね。

ここはしっかりと。


ソイルで密閉します。

完全密閉ではありませんが、これでかなり栄養素の流出を防ぐ事ができます。


ソイルを敷いたらレイアウトの素材ですね。

お客様から送られてきたデータ画像の素材が黄虎石だったので、

同じ素材を使用します。


注意点としては、黄虎石でも色みのパターンが3パターンくらいあるので、

同じ色、質感の物を選択しましょう。

で、同じ質感、色の石を選択したら早速仮組にとりかかります。



まずは親石から配置して行きます。

送られてきた画像が凹型構図のレイアウトだったので、

同じく凹型構図で組みたいと思います。


ただ、60レギュラーサイズでの岩組凹型構図は

比率の面からバランスの良い構図を組むのが難しく、

高さ25㎝とかだったらな~とか思ってしいますね。(笑)

3対2のワイド比率気味の方がバランスよく組めますからね。


でも水槽サイズは変えられないのでこのまま組むのみ。




右壁際に水槽を設置するそなので、右重心で組みます。

親石の配置はある程度決まったら福石を配置します。



ソイルを盛りつつ、添石で肉付けしていきます。

今回は後景草を植栽しない単色系レイアウトなので、

稜線を描くため結盛り土を施します。

だいたいソイルは、11~12ℓくらい使用します。




少しは良くなりましたが、バランスが・・・・・。

左側がなんとなく貧弱なので肉付けします。



構図の完成。

ここで、お客様に構図を確認してもらい

OKがでたので、水草の植栽。


使う水草は、グロッソスティグマ、ショートヘアーグラス、ウォーターフェザーの3種。


ただでさえ、他人が組んだ構図で管理するのは大変ですからね。

なるべくシンプルに、トリミングなど管理が少しでも楽になるように配慮します。





作業完了。


グロッソスティグマが這えば美しい水景の出来上がりってね。


約1カ月は集中換水で乗り切り、出来れば1カ月半くらいでお客様に

引き渡したいですね。

今後が楽しみです。


Lilttle innterior aquariumではレイアウト制作はもちろん

出張レイアウト、水槽の定期メンテナスも行っております。


お見積りは無料です。

お気軽にご相談ください。





















閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
bottom of page