検索
  • Little interior aquarium

60cm水槽を創造配植


みなさんこんにちは。

相変わらずカラカラの天気が続き肌がカサカサです。

手にするもの落っことしてばかり・・・・・。

雨はいつ降るんでしょうね。


まあ、そんな乾燥している日が続く中、店頭の60cm水槽をプチリセットしました。



この水槽、青龍石系の石を使用したオーソドックスな三尊風石組みで、

水草もこれまたグロッソ、へーアグラス、リシアとオーソドックス。


この水草の組み合わせだと、リシアの巻きなおしがあまり必要ないので、

楽と言えば楽なんですけど・・・・・。


そんなんで、巻き直しをサボっていたら、ついに一角がフワリ・・・・・。

浮いた一角を巻き直せば、元通りにはなりますが、

どうせなら、雰囲気を変えてみようとすぐさまリセット開始。


ただ、全部変えるのもな~、と悩んだ挙句。

構図はそのままに、水草を変更する創造配植に決定。



このグロッソをベリベリとひっぺがえすのが快感ですね。

全部取れちゃいます。



水草を全部抜きとりソイルと石だけの状態になりました。

この構図を生かし、今度は後景草を植栽しようと思います。


ただ、ソイルの粒が潰れている箇所が、所ところ見受けられるので、

表層のソイルを取り出し、新しいソイルを継ぎ足そうと思います。


この創造配植、構図を生かして楽しむのはもちろんですが、

低床にはすでにバクテリアが繁殖しているので、新規で立ち上げる水槽に比べ

格段に水質の安定が期待できます。


と言うことは、魚を早い段階で投入する事が可能という事ですね。



前景、後景にもアマゾニアを足して行きます。

あとは水草を植栽するだけですね。




前景には、前回使用したリシア、グロッソスティグマを植栽します。

今回、リシアは石の際に少量を配置し自然感を演出。



グロッソスティグマは密に植栽して行きます。


あとは後景草の植栽で完了です。

後景には、オランダプラントダッセン、ロタラSp福建省、ラージパールグラス、

パールグラス、ブリクサショートリーフを植栽しました。




これにて完了です。

後景草が成長すると、また違った雰囲気のレイアウトになると思います。


いちから創るレイアウトもよいですが、構図を再利用してレイアウトするのも

なかなか乙なものですよ。



ご来店お待ちしております。

















67回の閲覧
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン