45Pジオラマ系ファンタジー水槽制作


皆さんこんにちは。


東京本日は快晴。

少し肌寒さを感じましたが、

天気がとても良いので外出される方も多かったのではないでしょうか?

ま、コロナも蔓延しつつありますからね、

天気が良いからと言ってあまりハメを外さず、

お家でアクアリウムを楽しみましょう。


さて、45Pの水槽をリセットしたので、

新しいレイアウト水槽を立ち上げたいと思います。


前回は青龍石系の岩を使った水槽だったので、

今回は流木を使用した水槽を創ろうと思います。



もちろん使用する水槽は(W)450×(D)300×(H)300の水槽です。

バックスクリーンはブラックからミストタイプのバックスクリーンに変更。


店内の展示水槽の殆どが、ナチュラル系の水槽なので、

ここは1つインパクトを出すために、ジオラマ系の水槽を創りたいと思います。

で、用意したのが100均で買ってきたプラスチックBOX。


今回は洞窟を創りたいと思っていたので、BOXを加工してみました。


ただ、普通に洞窟を創っても、真っ暗な穴が空いているだけになってしまうので、

テトラのLED水中ライトSL-30を使用します。


ネイチャー系レイアウト好きの方はまず使わない器具でしょうね。

ADA特約店ではありますが、

ネイチャーレイアウト専門店なんか、はなっから目指していないので

使えそうな面白い器具はガンガン使います(笑)



これで洞窟の真っ暗部分は解消・・・・・・。

と、言いたい所でしたが、BOXを加工したぶん強度に問題あり・・・。

上部にソイルを敷く事ができそうに無いので、

穴が空いていて、なおかつ頑丈な素材・・・。

悩んだ結果、スドーのフィールドロック3MーAを使う事にしました。


分厚い樹脂で作られているので頑丈でいいんですが、

穴が空きまくっているので、

この穴をどう埋めるかが問題。


都合の良い素材なんてそうそうありませんからね、ここは工夫するしかないですね。

ま、このへんがジオラマ系水槽の醍醐味でもあるんですけどね(笑)

フィールドロックの高さが足りないので、溶岩石でガサ増しします。


フィールドロックと溶岩石の質感がにているので、

構図素材として組み合わせやすく助かりました。

とにかく穴を塞がなくてはですね。

アクアリウム用の接着剤を使用し接合しつつ、

溶岩石の隙間にはウールを詰めて対応します。


この接合する作業などがあるので、

ネイチャー系レイアウトと違い、

一日ではなかなか構図を完成させる事が出来ないんですよね。


ただ、このコロナカ渦で在宅勤務されている方も多いですからね、

休憩の10分間に石、流木を2個接合するとか、

チョコチョコやって行けば、すぐに構図を組む事ができると思いますよ。


フィールドロックを覆うように溶岩石を接合します。

殆ど穴を塞ぐことが出来ました。


ソイルを入れるBOXを小さな溶岩石を使い1段、2段と造ります。


左右にソイルを入れるBOXを造りました。


ソイルオンリーで行くならこのBOXも必要ないんですが、

今回は敷き分けスタイルなので、

ソイルの漏れが起きないように入念に組み上げて行きます。


こういった作業が難しいレイアウトと思う方もいると思いますが、

決して難しくはありません。


ただ時間が掛かる+素材が結構必要、それだけです。


勘違いしている方がいるかもしれませんが、

時間が掛かる=難しいではありません。


本当に難しいレイアウトとは、それはシンプルな構図。

ADA⁽故)天野さんが創る三尊岩組こそ

難しいレイアウトの代表と言えるでしょうね。


疑問に思っているなら、一回組んでみて正面から撮影してみれば

答えが出ると思いますよ。

自分が組んだ岩組に、愕然とする様子が想像できます(笑)


まあ、それなりに時間を掛けて細かくは創っていますが、

三尊岩組に比べれば

決して難しい事はしていません。


お次の素材は、お馴染みのスマトラウッド。

大木を造りたいので、枝状のスマトラウッドは外せません。

小さめのスマトラウッドを何本かチョイスします。


大木に見立てスマトラウッドを組んで行きます。

この枝振りの良さがいいんですよね。

もう大木っぽくなるからあら不思議。

スマトラウッドだけではなかなかイメージ通りにいかないので、

当店オリジナル素材ウォーターアクアリースを使い

肉付けして行きます。